スポンサーリンク

韓国で5G向け周波数オークションを完了、3社が3.5GHz帯と28GHz帯を獲得


韓国(南朝鮮)の政府機関で電気通信分野などを管轄する科学技術情報通信部(Ministry of Science and ICT:MSIT)は第5世代移動通信システム(5G)向けの周波数オークションを完了した。

周波数オークションには韓国の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecom、KT、LG Uplusが参加し、3.5GHz帯および28GHz帯の割当先を決めた。

具体的な周波数範囲は3.5GHz帯が3420.0~3700.0 MHzの280MHz幅、28GHz帯が26500.0~28900.0 MHzの2400MHz幅、合計で2680MHz幅となる。

入札単位とブロック数は3.5GHz帯が1ブロックあたり10MHz幅で28ブロック、28GHz帯が1ブロックあたり100MHz幅で24ブロックである。

1社あたり最大でそれぞれ10ブロックまで取得を認めており、3.5GHz帯は最大100MHz幅、28GHz帯は最大1000MHz幅まで取得できる。

周波数オークションは2段階となり、第1段階では帯域幅を決定し、第2段階では周波数範囲を決定している。

入札の結果、SK Telecomは3.5GHz帯の100MHz幅を1兆2,185億韓国ウォン(約1,219億円)、28GHz帯の800MHz幅を2,073億韓国ウォン(約207億円)で落札、KTは3.5GHz帯の100MHz幅を9,680億韓国ウォン(約968億円)、28GHz帯の800MHz幅を2,078億韓国ウォン(約208億円)で落札、LG Uplusは3.5GHz帯の80MHz幅を8,095億韓国ウォン(約810億円)、28GHz帯の800MHz幅を2,072億韓国ウォン(約207億円)で落札した。

周波数範囲と落札者は下記の通りである。

– 3.5GHz帯
3420.0~3500.0 MHz :LG Uplus
3500.0~3600.0 MHz :KT
3600.0~3700.0 MHz :SK Telecom

– 28GHz帯
26500.0~27300.0 MHz:KT
27300.0~28100.0 MHz:LG Uplus
28100.0~28900.0 MHz:SK Telecom

3.5GHz帯および28GHz帯ともに2018年12月1日より有効とし、有効期限は3.5GHz帯が2028年1月30日まで、28GHz帯が2023年1月30日までとなる。

科学技術情報通信部

■関連記事
韓国政府が5G向け周波数の割当実施を発表、3.5GHz帯と28GHz帯に

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK