スポンサーリンク

小米に中国移動やクアルコムが出資


英領ケイマン諸島のXiaomi Corporation (小米集団)は中国のChina Mobile Communications Group (中国移動通信集団)より出資を受け入れることが分かった。

Xiaomi Corporationが香港交易所(香港証券取引所)を通じて開示した資料で判明している。

資料によるとXiaomi CorporationはChina Mobile Communications Groupの子会社で香港特別行政区のChina Mobile International Holdings (中国移動国際控股)と出資に関して合意しており、China Mobile International Holdingsは784,800,000香港ドル(約110億円)でXiaomi Corporationの株式を取得する予定である。

なお、China Mobile Communications Groupは中国の最高国家行政機関で中央人民政府である国務院(State Council)が直属組織の国有資産監督管理委員会(State-owned Assets Supervision and Administration Commission:SASAC)を通じて完全所有する国有の中央企業で、子会社または関連会社を通じて中国本土、香港特別行政区、タイ、パキスタンで移動体通信事業を手掛ける。

China Mobile International Holdingsの所有構造はChina Mobile Communications Groupが完全所有する香港特別行政区のChina Mobile (Hong Kong) Group (中国移動(香港)集団)が完全所有する英領ヴァージン諸島のChina Mobile Hong Kong (BVI)が73.31%出資する香港特別行政区のChina Mobile (中国移動)が完全所有する。

また、米国のQualcommがXiaomi Corporationに追加出資することも分かっている。

QualcommはシリーズCでXiaomi Corporationに出資しており、グローバルオファリングの完了前時点で持分比率は0.0891%であるが、Xiaomi CorporationはQualcommの全額出資子会社でシンガポールのQualcomm Asia Pacificと出資に関して合意した。

Qualcomm Asia Pacificは100,000,000米ドル(約110億円)でXiaomi Corporationの株式を取得する予定で、QualcommとしてはXiaomi Corporationに追加出資することになる。

なお、Xiaomi Corporationは登記上の本店所在地を英領ケイマン諸島に置くオフショアカンパニーで、本社機能など主たる業務の拠点は中国の首都・北京市に設置しており、傘下の事業会社を通じてスマートフォン事業などを展開する。

香港交易所

■関連記事
小米、株式上場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK