スポンサーリンク

KDDIなどが富士山の開山期間中にLTE-Mを活用したサービスを提供


KDDI、KDDI Research (KDDI総合研究所)、静岡県御殿場市、静岡県小山町は富士山の開山期間にIoTを活用した期間限定のサービス「ミエル フジトザン」を提供すると発表した。

2018年7月10日から2018年9月10日までの富士山の開山期間において、安心安全で快適な登山のサポートを目的に、IoTを活用して富士山登山口の登下山者数や温湿度を見える化するという。

静岡県の富士山登山口である御殿場口登下山道、須走口登山道および宝永山馬の背に設置したIoTセンサを活用し、各地点の通過人数や温湿度をウェブサイトで確認できる。

登山者は事前に混雑具合や気象条件などを確認できるため、服装の準備など適切な登山計画の検討に役立つとのことである。

ミエル フジトザンのサービスで利用するIoTセンサはKDDIが運用するLTE-Mに対応している。

LTE-Mは携帯電話網を活用したIoT向け通信技術であるセルラーLPWA (Low Power Wide Area)のひとつで、LTE UE Category M1またはeMTCとしても知られる3GPP (3rd Generation Partnership Project)の標準規格であり、省電力かつ広域なカバレッジを特徴とする。

静岡県御殿場市および静岡県小山町はミエル フジトザンのサービスを通じて取得したデータを富士山の登山口における整備計画などで活用し、富士山における利便性の向上を目指すという。

KDDI
au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK