スポンサーリンク

米国のAT&T、LTE B14を利用したFirstNetを2500ヶ所以上で展開



米国の移動体通信事業者(MNO)であるAT&T MobilityはFirstNetのネットワークを全米の2,500ヶ所以上で構築したと発表した。

FirstNetは米国のFirst Responder Network Authorityが提供するLTEベースの公共安全用通信で、通信方式および周波数はFDD-LTE方式の700MHz帯(Band 14)を利用している。

First Responder Network Authorityは米国の政府機関である商務省(Department of Commerce:DOC)傘下の電気通信情報局(National Telecommunications and Information Administration:NTIA)が電気通信情報局内の独立機関として設立しており、官民連携事業としてAT&T Mobilityがネットワークの構築を担当する。

米国の50州、首都・ワシントンD.C.、米自治領プエルトリコでFirstNetのネットワークの構築を進めており、これまでに2,500ヶ所以上でFirstNetのネットワークを構築したという。

すでに1,500の公共安全機関がFirstNetに加入済みとされている。

2018年から数年以内に農村部も含めて人口カバー率を95%以上とする計画である。

なお、FDD-LTE方式のBand 14に対応した端末はFirstNet Ready Deviceとして公開されている。

AT&T

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK