スポンサーリンク

OPPOがRealmeブランドを分社化、新会社設立で国際展開も


中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)はRealmeブランドの事業を分社化し、国際展開を実施する計画を明らかにした。

これまで、Realmeブランドの事業はOPPOブランドのサブブランドとして、Guangdong OPPO Mobile Telecommunicationsのインド法人であるOPPO Mobiles Indiaがインドに限定してオンラインで展開してきた。

しかし、Realmeブランドを展開する新会社として中国でRealme Mobile Telecommunications (Shenzhen) (深圳市鋭爾覓移動通信)を設立しており、Realmeブランドの国際展開に着手する計画である。

Realme Mobile Telecommunications (Shenzhen)はGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsの親会社である中国のGuangdong Oujia Holdings (広東欧加控股)が設立した。

Guangdong Oujia Holdingsは全額出資子会社のGuangdong Oujia Communications Technology (広東欧加通信科技)を通じてRealme Mobile Telecommunications (Shenzhen)を完全所有する。

なお、Guangdong Oujia Holdingsは直接的にGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsを完全所有するほか、間接的にOnePlusブランドを展開するOnePlus Technology (Shenzhen) (深圳市万普拉斯科技)も所有しており、OPPOブランドのGuangdong OPPO Mobile Telecommunications、OnePlusブランドのOnePlus Technology (Shenzhen)、RealmeブランドのRealme Mobile Telecommunications (Shenzhen)は兄弟会社となる。

参考までに、OnePlus Technology (Shenzhen)はGuangdong Oujia Holdingsが完全所有するGuangdong Oujia Communications Technologyが80%出資するGuangdong OnePlus Mobile Telecommunications (広東万普拉斯移動通信)が完全所有している。

Realme Mobile Telecommunications (Shenzhen)は広東省深圳市において2018年6月1日付けで設立しており、登記上の本店所在地はOnePlus Technology (Shenzhen)と同一である。

登録資本は5,000万人民元(約8億1,383万円)となっている。

法定代表人にはGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsで副総裁を経験し、OPPO Mobiles Indiaで最高経営責任者を務めた李炳忠氏が就任した。

なお、RealmeブランドのスマートフォンとしてはインドでRealme 1を販売している。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK