スポンサーリンク

NTT持株会社がグローバル持株会社の新設を発表


Nippon Telegraph and Telephone Corporation (日本電信電話:以下、NTT持株会社)はNTT Groupのグローバル市場における競争力の強化と収益性の向上に向けてNTT持株会社傘下にグローバル持株会社を新設すると発表した。

グローバル持株会社を新設後、NTT Communications、NTT DATA、NTT Security、NTT Innovation Institute (以下、NTT i3)、Dimension Data Holdingsをグローバル持株会社の傘下に移管する。

また、グローバルイノベーションに資するファンドとしてNTT Venture Capitalをグローバル持株会社の傘下に新設し、グローバル市場で成長が見込める技術領域を中心に投資を活発化する計画である。

グローバル持株会社は日本語正式社名がNTT株式会社、英語正式社名がNTT, Inc.となり、NTT Groupにおけるグローバル事業のガバナンスおよび戦略策定や施策促進などを行う。

資本金は6,000億円で、大株主と出資比率はNTT持株会社が100%となる。

本社の所在地は東京都で、2018年の秋までに創設するという。

NTT Venture Capitalは米国で設立する計画で、規模は最大で5億米ドル(約557億円)規模となる予定である。

さらに2019年の夏を目途に、NTT Communications、NTT Security、NTT i3、Dimension Data Holdingsの事業を外国と日本国内別に統合する方向で検討すると案内している。

なお、NTT DATAは経営形態を変えずにNTT Groupの各社と連携することとし、上場やブランドは維持するという。

NTT持株会社

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK