スポンサーリンク

約6.5インチの有機ELを搭載したApple iPhone XS Maxを発表


米国のAppleはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/(TD-SCDMA)/(CDMA2000)/GSM端末「Apple iPhone XS Max (アップル・アイフォーン・テン・エス・マックス)」を発表した。

OSにiOS 12を採用したスマートフォンで、型番はA1921、A2101、A2098、A2104を用意している。

チップセットは64bit対応のApple A12 Bionicチップを搭載する。

ディスプレイは3D Touchに対応した約6.5インチオールスクリーンOLEDとなる。

Super Retina HDディスプレイとしており、解像度は1242*2688で、画素密度は458ppiである。

カメラはリアにデュアル光学式手ぶれ補正に対応した2個の約1200万画素裏面照射型CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントにTrueDepthカメラと呼ばれる約700万画素裏面照射型CMOSイメージセンサを備える。

リアのカメラはデュアルカメラとなり、広角カメラと望遠カメラで構成される。

カメラ用のLEDフラッシュとしてクアッドLED True Toneフラッシュをリアに搭載している。

通信方式はA1921 (GSM)がFDD-LTE 2600(B7)/2300(B30)/2100(B1)/ 1900(B2/B25)/1800(B3)/ 1700(B4/B66)/1500(B32)/900(B8)/ 850(B5)/800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B14/B17/B29)/600(B71) MHz, TD-LTE U-NII(B46)/2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/2000(B34)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 1700(IV)/900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応、A1921 (CDMA)がFDD-LTE 2600(B7)/2300(B30)/2100(B1)/ 1900(B2/B25)/1800(B3)/ 1700(B4/B66)/1500(B32)/900(B8)/ 850(B5)/800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B14/B17/B29)/600(B71) MHz, TD-LTE U-NII(B46)/2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/2000(B34)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 1700(IV)/900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, CDMA2000 1900(BC1)/800(BC0/BC10) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応、A2101がFDD-LTE 2600(B7)/2300(B30)/2100(B1)/ 1900(B2/B25)/1800(B3)/ 1700(B4/B66)/1500(B32)/900(B8)/ 850(B5)/800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B14/B17/B28/B29) MHz, TD-LTE U-NII(B46)/2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/2000(B34)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 1700(IV)/900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応、A2102がFDD-LTE 2600(B7)/2300(B30)/2100(B1)/ 1900(B2/B25)/1800(B3)/ 1700(B4/B66)/1500(B11/B21)/900(B8)/ 850(B5)/800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B14/B17/B28/B29) MHz, TD-LTE U-NII(B46)/3500(B42)/2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/2000(B34)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 1700(IV)/900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, CDMA2000 1900(BC1)/800(BC0/BC10) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応、A2104がFDD-LTE 2600(B7)/2300(B30)/2100(B1)/ 1900(B2/B25)/1800(B3)/ 1700(B4/B66)/1500(B32)/900(B8)/ 850(B5)/800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B14/B17/B29)/600(B71) MHz, TD-LTE U-NII(B46)/2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/2000(B34)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 1700(IV)/900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz, CDMA2000 1900(BC1)/800(BC0/BC10) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)や4×4 MIMOなどに対応しており、通信速度はギガビット級となる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)も利用できる。

SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

デュアルSIMの構成はA1921、A2101、A2098がeSIMと物理的なSIMカードとなり、A2104が物理的な2枚のSIMカードとなる。

Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5GHz Dual-Band)、NFC Type A/BおよびFeliCa (NFC Type-F)にも対応する。

内蔵ストレージの容量は64GB、256GB、512GBの3種類が用意される。

IP68に準拠した防沫性能、耐水性能、防塵性能を備える。

全球測位衛星システムはAssisted GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星システム(Quasi-Zenith Satellite System:QZSS)を利用できる。

センサ類は気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサ、近接センサ、環境光センサを有する。

電池パックはリチウムイオン電池を内蔵し、Wireless Power Consortium (WPC)が策定したQiに準拠する無線充電に対応している。

生体認証はTrueDepthカメラによる顔認識の有効化でFace IDを利用できる。

カラーバリエーションはゴールド、スペースグレイ、シルバーの3色展開である。

日本における価格は内蔵ストレージの容量が64GBのモデルが124,800円(税別)、256GBのモデルが141,800円(税別)、512GBのモデルが164,800円(税別)に設定されている。

なお、日本向けの型番はA2102となる。


Apple

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK