スポンサーリンク

近鉄ケーブルネットワークのAXGP基地局を見てきた


奈良県生駒市に本社を置くKintetsu Cable Network (近鉄ケーブルネットワーク:KCN)が設置したAXGP方式の基地局を見てきたので紹介する。

Kintetsu Cable Networkは総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の近畿総合通信局より、2018年1月22日付けで地域広帯域移動無線アクセス(以下、地域BWA)の高度化方式の無線局免許を取得した。

地域BWAの高度化方式としてTD-LTE方式と高い互換性を確保したAXGP方式を採用している。

Hanshin Cable Engineering (阪神ケーブルエンジニアリング:HCE)のコア設備を利用するため、通信速度は下り最大220Mbps/上り最大10Mbpsとなる。

公衆陸上移動体ネットワーク番号(Public Land Mobile Network Number:PLMN)はHanshin Cable Engineeringが割当を受けた440-02である。

Kintetsu Cable Networkは奈良県で初めて地域BWAの高度化方式の無線局免許を取得しており、無線局免許の件数は奈良県橿原市で1局となっている。

基地局は近畿日本鉄道の大和八木駅周辺に設置しているとのことで、大和八木駅まで足を運んで見てきた。

大和八木駅の6番ホームの南端付近にある鉄塔の上部に基地局アンテナを確認できた。

4番ホームから見つけやすい位置で、設置場所はKintetsu Cable Networkが属するKintetsu Group Holdings (近鉄グループホールディングス)の傘下企業が保有する土地および鉄塔と思われる。

通信速度を測定してみたところ、下りは90~100Mbps程度、上りは6~10Mbps程度で、利用者がいるのか心配になるほど安定して速度が出た。

橿原市は外国人観光客などを対象として今井町で無料公衆無線LANサービスを提供するが、それにKintetsu Cable Networkが回線と端末を提供している。

今井町は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、景観保護が必須となっている。

道路のカラーリングや電線地中化を実施しているため、ケーブル工事は困難とされている。

そこで、ケーブル工事が不要なKintetsu Cable Networkのサービスを採用したという。

基地局は重要伝統的建造物群保存地区の外であるが、基地局から半径1.5km程度をエリアとするため、今井町は完全にカバーできている。

基地局の設置に係る費用はKintetsu Cable Networkが負担しており、将来的には一般向けサービスでの活用も想定する。

一般向けサービスの詳細は不明であるが、Kintetsu Cable Networkの公式ウェブサイトにはKCN Airの契約約款が公開されており、KCN Airが地域BWAを活用した一般向けサービスとなる可能性がある。

なお、今井町の無料公衆無線LANサービスは総務省より公衆無線LAN環境整備支援事業の補助金交付を受けており、補助金の支給額は整備費の50%となっている。



基地局アンテナが設置された鉄塔



Kintetsu Cable Networkの基地局アンテナ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK