スポンサーリンク

NTTドコモ、2020年代半ばに3Gを終了する方針


NTT DOCOMOは2020年代の半ばに第3世代移動通信システム(3G)を終了する方針であることが分かった。

2019年3月期(2018年度)上半期の決算説明会で言及した。

NTT DOCOMOは第5世代移動通信システム(5G)のプレサービスを2019年9月に開始し、2020年の春には5Gを商用化する計画であるが、5Gの導入後には3Gの終了を視野に入れている。

確定しているわけではないと前置きしつつ、5Gの導入後にできれば2020年代の半ばくらいには3Gを終了したいと明かした。

より具体的な時期は言及していないが、早ければ2025年前後には3Gを終了する可能性がある。

なお、「2020年の半ば」ではなく「2020年代の半ば」であるため注意しておきたい。

NTT DOCOMOは3GとしてW-CDMA方式を導入しており、W-CDMA方式によるサービスをFOMAとして提供している。

2018年9月末時点でNTT DOCOMOが抱える携帯電話サービスの契約数は前年同期比2.2%増の約7,705件に達した。

携帯電話サービスの契約数のうち、FOMAの契約数は前年同期比13.7%減で約2,454万9,000件となった。

FOMAの契約数は減少が進んでいるが、依然としてNTT DOCOMOの携帯電話サービスの契約数のうち約31.9%と3割超がFOMAの契約となっている。

なお、NTT DOCOMOは世界で初めてW-CDMA方式を商用化した移動体通信事業者(MNO)であり、FOMAの商用サービスは2001年10月1日より提供している。

NTT DOCOMO
docomo Online Shop

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK