スポンサーリンク

ソフトバンク、品川エリアと渋谷エリアで28GHz帯を利用した5Gの実証実験を実施


SoftBankは東京都港区の品川エリアと東京都渋谷区の渋谷エリアでミリ波(mmWave)の28GHz帯を利用した第5世代移動通信システム(5G)の実証実験を実施すると発表した。

5Gの実証実験の実施に伴い、SoftBankは28GHz帯の実験試験局免許を取得したという。

28GHz帯は世界各地で5Gでの利用が期待されている周波数で、すでに5G向けに28GHz帯を取得した移動体通信事業者(MNO)も存在し、日本でも総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)が28GHz帯を5G向けに割当する案を公表している。

SoftBankはフィンランドのNokiaの日本法人であるNokia Solutions and Networks JapanおよびスウェーデンのEricssonの日本法人であるEricsson Japanと協力し、品川エリアと渋谷エリアで28GHz帯を利用した5Gの実証実験を実施する。

実証実験では5Gの商用サービスを想定し、高層ビルなどがあるフィールドエリアにおけるLOS (Line of sight)伝搬環境でのエリア構築方法の検証、ミリ波の散乱を利用した電波伝搬特性の検証、新たなエリアの構築方法の検証などを実施する予定である。

なお、LOSは無線波の送受信が可能な範囲を指す。

品川エリアでは28GHz帯を利用して双方向でのテレプレゼンスのデモンストレーションも実施したという。

テレプレゼンスとは遠隔地にいても直接対面しているかのような臨場感を提供する技術で、テレプレゼンスのデモンストレーションは特定の業種やサービスに特化せず、より一般的な利用シーンを想定した都心エリアで初めての実験になると説明している。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK