スポンサーリンク

韓国でWiBroを終了、12年の歴史に幕


韓国の移動体通信事業者(MNO)であるSK TelecomおよびKTは2018年12月31日をもってWiBroの提供を終了した。

SK Telecomは2018年12月31日をもってWiBroの提供を終了しており、2019年1月1日の0時(韓国標準時)からはWiBroの加入者には利用停止と非課金の処理を行う。

KTは段階的にWiBroを終了しており、2018年12月16日の10時(同)より韓国の首都・ソウル特別市を皮切りに停波作業を順次実施してきた。

2018年12月31日には韓国全土で停波作業を完了し、それをもってWiBroの提供を完全に終了した。

WiBroの加入者には停波作業を開始した時点で非課金の処理を行った。

なお、WiBroは韓国電子通信研究院(Electronics and Telecommunications Research Institute:ETRI)が主導してWiMAXをベースに研究開発を進めた。

2006年にSK TelecomおよびKTがWiBroを商用化しており、12年間にわたりWiBroを提供してきた。

WiBroでは2.3GHz帯の周波数を利用し、2019年3月にはWiBro向けに割当された周波数の有効期限が満期を迎える。

SK TelecomおよびKTはWiBroの加入者に対してLTEへの移行を促進しており、端末の無償提供や特別な料金プランの提供などLTEへ移行するための支援措置を講じている。

SK Telecom
KT

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK