スポンサーリンク

au向けスマートフォンと思われるKyocera JA32がFCC通過



KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)向けと思われるKYOCERA (京セラ)製のFDD-LTE/WiMAX 2+(TD-LTE)/W-CDMA/GSM端末「JA32」が2019年1月26日付けで連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。

FCC IDはJOYJA32。

モバイルネットワークはFDD-LTE 700(B17) MHz, W-CDMA 850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANやNFCの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応しており、2.4GHz帯に加えて5GHz帯も利用できる。

JA32は未発表端末のメーカー型番である。

FCCで認証を受けた国際ローミング用と思われる周波数から、KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone向けとなる可能性が高い。

製品名がスマートフォン、ソフトウェアバージョンがSdm660_64-userdebug 9と記載されており、チップセットにQualcomm Snapdragon 660 Mobile Platform (SDM660)を搭載したスマートフォンになると思われる。

電池パックは内蔵式となり、容量は2800mAhとなっている。

FCCではラベルや端末図などが公開されている。

ラベルは電磁的表示を採用し、特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)に併記される電波法に基づく工事設計認証の工事設計認証番号は005-101917、電気通信事業法に基づく設計認証の設計認証番号はADF18-0311001と確認できる。

また、MADE IN CHINAと記載されているため、中国国内の工場で製造することが分かる。

最終的な製品名は不明であるが、型番(モデル番号)はKYV45となる可能性がある。


FCC – KYOCERA JA32

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK