スポンサーリンク

韓国のLG Uplus、CJ Helloを買収する方針を固める


韓国の移動体通信事業者(MNO)であるLG Uplus (LG U+)は韓国最大手のケーブルテレビ事業者であるCJ Helloを買収する方針を固めたことが韓国メディアの報道で分かった。

LG Uplusは2019年2月13日または2019年2月14日に取締役会を開催し、CJ Helloの買収に関して決議する予定という。

CJ Helloの株式の過半を取得して子会社化する方針とされている。

LG Uplusの筆頭株主は韓国のLG Corp.で、LG Corp.による持分比率は30.6%であるが、すでにLG UplusはCJ Helloを買収する意向をLG Corp.に伝えており、LG Corp.より承認を得た模様である。

CJ Helloは旧社名がCJ HelloVisionで、2017年10月にCJ Helloへ社名を変更した。

CJ ENMの子会社であり、CJ ENMによる持分比率は53.92%となっている。

ケーブルテレビ事業が中核事業であるが、仮想移動体通信事業者(MVNO)としてHello Mobileも展開している。

LG UplusはCJ ENMよりCJ Helloの株式を1兆韓国ウォン(約978億円)前後で取得する方針とされている。

なお、CJ Helloの株式はCJ O SHOPPINGが保有していたが、CJ O SHOPPINGとCJ E&Mの合併によってCJ ENMが誕生しており、CJ ENMがCJ Helloの株式を継承した。

過去に韓国最大手の移動体通信事業者であるSK TelecomがCJ Helloの買収を発表していたが、LG Uplusや同業のKT Corporationが韓国当局に承認しないよう要求し、韓国当局も独自の判断に基づき承認しなかった。

ETNews

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK