スポンサーリンク

新型の5GモデムQualcomm Snapdragon X55 5G Modemを発表、下り最大7Gbpsに


米国のQualcommの全額子会社で米国のQualcomm Technologiesは通信モデム「Qualcomm Snapdragon X55 5G Modem」を発表した。

第5世代移動通信システム(5G)に対応した通信モデムである。

5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式に対応する。

通信速度は下り最大7Gbps/上り最大3Gbpsとなる。

周波数はサブ6GHz帯とミリ波(mmWave)の両方を利用できる。

また、FDDとTDDの両方、スタンドアローン(SA)とノンスタンドアローン(NSA)の両方に対応する。

事実上、すべてのタイプのNR方式に対応できると案内している。

サブ6GHz帯では4×4 MIMOに対応して帯域幅が200MHz幅までとなり、ミリ波では2×2 MIMOに対応して帯域幅が800MHz幅までとなる。

Qualcomm Snapdragon X50 5G Modemは通信速度が下り最大5Gbpsで、TDDおよびノンスタンドアローンのみに対応し、サブ6GHz帯は100MHz幅までとなるため、Qualcomm Snapdragon X55 5G Modemは5Gの性能が向上している。

また、LTE方式の性能も向上しており、LTE DL Category 22およびLTE UL Category UL Category 20に対応し、通信速度は下り最大2.5Gbps/上り最大316Mbpsである。

下りはキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した7コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(7CC CA)、1024QAM、4×4 MIMO、上りはキャリアアグリゲーションを高度化した3コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(3CC CA)、256QAM、Uplink Data Compression (UDC)に対応する。

市民ブロードバンド無線システム(Citizens Broadband Radio Service:CBRS)の周波数を含めたFDDとTDDの両方に対応し、LAA (Licensed Assisted Access)、LTE Broadcastなども利用できる。

NR方式やLTE方式のほかに、W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM方式にも対応しており、世界のほとんどの地域で使える。

Qualcomm Snapdragon X55 5G Modemはすでにサンプル出荷を開始しており、Qualcomm Snapdragon X55 5G Modemを搭載した商用の携帯端末は2019年末までに登場する見込み。

Qualcomm

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK