スポンサーリンク

au向けスマホGalaxy S9 SCV38とGalaxy S9+ SCV39にAndroid 9 Pieを提供開始


KDDIはSamsung Electronics (サムスン電子)製のスマートフォン「Galaxy S9 SCV38」および「Galaxy S9+ SCV39」に対してOSのバージョンアップの提供を開始した。

いずれも2019年2月20日の17時よりOSのバージョンアップの提供を開始しており、バージョンアップを適用するとOSのバージョンはAndroid 9 Pie Versionに上がる。

主な更新内容にはアイコン表記の変更、ロック画面の表示内容の変更、ステータスバーの機能の変更、ホーム画面の表示の変更、ダイヤルの機能の変更、起動中のアプリケーションの一覧画面の変更、マルチウィンドウの表示方法の変更、カメラの機能および配置の変更、ギャラリーの機能および配置の変更、自動回転の機能の変更などが含まれている。

なお、バージョンアップを適用すると一部の機能が削除されるほか、一部の機能が初期化されるため注意が必要である。

端末単体またはパソコン接続によってバージョンアップを適用できる。

パソコン接続で実施する場合は、あらかじめ接続するパソコンにSamsung Electronicsが提供するSmart Switchをインストールしておき、Smart Switchを通じてバージョンアップを実施する必要がある。

目安の所要時間は端末単体の無線LAN接続が約30分、端末単体の4G (LTE/WiMAX+)接続が約40分、パソコン接続が約75分となっている。

アップデートファイルの容量は端末単体がGalaxy S9 SCV38では約1.9GB、Galaxy S9+ SCV39では約1.8GB、パソコン接続が約3.9GBである。

正常にバージョンアップが完了すれば、ソフトウエアのビルド番号はGalaxy S9 SCV38がPPR1.180610.011.SCV38KDU1BSB4、Galaxy S9+ SCV39がPPR1.180610.011.SCV39KDU1BSB4となる。

バージョンアップを実施する場合、本体メモリはGalaxy S9 SCV38では約1.9GB、Galaxy S9+ SCV39では約1.8GBの空き容量を確保し、十分に充電しておく必要があるため注意しておきたい。

また、バージョンアップの実施前にはGalaxy S9 SCV38ではビルド番号がSCV38KDU1ARK1、Galaxy S9+ SCV39ではビルド番号がSCV39KDU1ARK1のソフトウェアへのアップデートも実施しておく必要がある。

Galaxy S9 SCV38およびGalaxy S9+ SCV39は発売時のOSのバージョンがAndroid 8.0 Oreo Versionであるため、初めてのメジャーアップデートとなる。


Galaxy S9 SCV38 OSアップデート情報
Galaxy S9+ SCV39 OSアップデート情報
au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK