スポンサーリンク

Sony Mobile Xperiaスマホの製造工場一覧


Sonyの全額出資子会社であるSony Mobile Communicationsが展開するXperiaシリーズのスマートフォンが認証機関を通過するたびに製造された工場を記録しておいたので紹介する。

前身のSony Ericsson Mobile Communicationsも含めてSony Mobile Communicationsが2018年末までに発売したXperiaシリーズのスマートフォンとタブレット、XperiaシリーズでないOSにAndroidを採用したスマートフォンを調査の対象機種に含める。

記載の工場では確実に製造しているが、記載がない工場で製造していないとは限らない。

抜けている機種があれば、工場は不明と考えていただきたい。

調査の対象機種を製造した実績がある工場はタイのSony Technology (Thailand)、中国のBeijing SE Potevio Mobile Communications (北京索愛普天移動通信)、中国のFutaijing Precision Electronics (Beijing) (富泰京精密電子(北京))、中国のFutaijing Precision Electronics (Yantai) (富泰京精密電子(煙台))、インドのRising Stars Mobile India、ブラジルのFoxconn do Brasil Industria e Comercio de Eletronicos、ブラジルのFIH do Brasil Industria e Comercio de Eletronicos、中国のCompal Communications (Nanjing) (華宝通訊(南京))、中国のCompal Smart Device (Chongqing) (重慶翊宝智慧電子装置)、中国のCompal Electronics Technology (Kunshan) (仁宝電子科技(昆山))、中国のArima Communications (Jiangsu) (華冠通訊(江蘇))、ブラジルのArima Comunicacoes Brasil、中国のLongcheer Electronics (Huizhou) (龍旗電子(恵州))、中国のHuizhou BYD Electronic (恵州比亜迪電子)、台湾のHTC (宏達国際電子)である。

なお、Sony Technology (Thailand)および北京索愛普天移動通信はSonyの連結子会社であるため実質的に自社工場、富泰京精密電子(北京)、富泰京精密電子(煙台)、Rising Stars Mobile India、Foxconn do Brasil Industria e Comercio de Eletronicos、FIH do Brasil Industria e Comercio de Eletronicosは台湾のFoxconn Technology Group (鴻海科技集団)系列、華宝通訊(南京)、重慶翊宝智慧電子装置、仁宝電子科技(昆山)は台湾のCompal Electronics (仁宝電脳工業)系列、華冠通訊(江蘇)およびArima Comunicacoes Brasilは台湾のArima Communications (華冠通訊)系列となる。

工場と製造された機種の一覧は下記の通り。

■Sony Technology (Thailand)
X Compact, XZ1, XZ1 Compact, XZ2, XZ2 Compact, XZ3, XZs, Z3, Z5

■北京索愛普天移動通信
A, A2, A4, acro, acro HD, acro S, active, arc, arc S, go, ion, J1 Compact, mini, neo, neo V, NX, P, PLAY, pro, ray, S, SL, sola, SP, SX, T, TX, UL, V, VC, X, X Performance, X2, X10, X10 mini, X10 mini pro, XZ, XZ Premium, XZ1, XZ2 Premium, Z, Z Ultra, Z1, Z1 Compact, Z1 f, Z1s, Z2, Z2a, Z3, Z3v, Z3+, Z4, Z4v (中止), Z5, Z5 Compact, Z5 Premium, ZL, ZL2, ZR, Tablet Z, Z2 Tablet, Z3 Tablet Compact, Z4 Tablet

■富泰京精密電子(北京)
Live with Walkman, W8 Walkman, WT18i, J, mini pro, miro, neo L, tipo, U, X8

■富泰京精密電子(煙台)
C3, J, M, M4 Aqua, M5, S56i (中止), SP, T2 Ultra, T3, U, Z, Z3 Compact

■Rising Stars Mobile India
R1, R1 Plus

■Foxconn do Brasil Industria e Comercio de Eletronicos
arc, arc S, J, L, M, neo, PLAY, U, X8, X10, X10 mini, X10 mini pro, Z, ZQ

■FIH do Brasil Industria e Comercio de Eletronicos
M, M4 Aqua, M5, T2 Ultra, Z1, Z3, Z3 Compact, Z3+

■華宝通訊(南京)
E4g, L, M2

■重慶翊宝智慧電子装置
XA1, XA1 Plus, XA2, XA2 Ultra

■仁宝電子科技(昆山)
XA, XA1, XA1 Plus, XA1 Ultra

■華冠通訊(江蘇)
C, C4, C5 Ultra, E, E1, E3, E4, E5, L1, L2, XA Ultra

■Arima Comunicacoes Brasil
C, C5 Ultra, E, E1, E3, E4

■龍旗電子(恵州)
R1, R1 Plus

■恵州比亜迪電子
A8i

■宏達国際電子
X1

上位機種はSony Technology (Thailand)で製造される機種が増加傾向にある。

Sonyは北京索愛普天移動通信に対する持分が間接的に51%で経営権を持つが、北京索愛普天移動通信は中国の国有企業との合弁会社であり、Sonyの支配力としては全額出資子会社のSony Technology (Thailand)の方が高い。

Sony Technology (Thailand)の方が製造技術の強化や意思決定の迅速化などを図れるため、上位機種を中心にSony Technology (Thailand)の比率を高めると思われる。

余談ではあるが、北京索愛普天移動通信の英文/中文社名に含まれるSEと索愛はSony Ericsson (索尼愛立信)の略で、製造企業の社名にはSony Ericssonの名残が見られる。

ブラジルは複雑な税制の影響で輸入品は販売価格が高価となり、また一定期間は国内製造に税制優遇措置を導入していたため、一時期はブラジル向けの個体はブラジルで製造していたが、すでにブラジルでの製造は終了している。



Made in Thailandの個体

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK