スポンサーリンク

sXGPに対応したスマートフォンOmni K5を発表


CYBERDYNE Omni NetworksはLTE/W-CDMA/GSM端末「Omni K5」を発表した。

sXGP方式に対応したスマートフォンである。

OSにはAndroid 9 Pie Versionを採用している。

CPUはクアッドコアで動作周波数は1.3GHzとなっている。

ディスプレイは約5.0インチFWVGA++(480*960)液晶を搭載する。

カメラはリアに約500万画素CMOSイメージセンサと約30万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約200万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/900(B8)/800(B19) MHz, LTE (TDD) 1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/800(VI) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

LTE (TDD) 1900(B39) MHzと互換性を確保したsXGP方式を利用できる。

SIMカードはデュアルSIMで、Nano SIM (4FF)サイズとMicro SIM (3FF)サイズのSIMカードスロットを備える。

Bluetooth 4.0や無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)やNFCにも対応する。

システムメモリの容量は2GBで、内蔵ストレージの容量は16GBとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックは脱着可能なリチウムイオン電池で、容量は2000mAhとなっている。

リアには指紋認証センサを搭載している。

一般の個人顧客向けにはCoviaが展開するFLEAZ Directを通じて、法人顧客向けにはCYBERDYNE Omni Networksの販売チャネルを通じて販売する。

2019年5月に発売する予定で、FLEAZ Directでは価格が24,800円(税抜)に設定されている。

なお、CYBERDYNE Omni NetworksはCoviaとCYBERDYNEの合弁会社で、出資比率はCoviaが51%、CYBERDYNEが49%となっている。


CYBERDYNE Omni Networks

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK