スポンサーリンク

NTTドコモが新料金プランとしてギガホとギガライトを発表


NTT DOCOMOは新たな料金プランとして「ギガホ」および「ギガライト」を発表した。

いずれも2019年6月1日より提供を開始する。

新たな料金プランは家族間国内通話無料の音声通話プラン、spモード、データ通信をひとつのパッケージとした料金プランである。

ギガホは外出先でも動画などのデータ通信の利用が多い顧客向けで、ギガライトはメールやSNSなどの利用が中心でデータ通信の利用が少ない顧客向けとなる。

音声通話の利用が多い顧客向けに音声オプションを用意しており、国内通話を無制限に利用できる「かけ放題オプション」、1回あたり5分までの音声通話が無料となる「5分通話無料オプション」から選べる。

また、ファミリー割引のグループ内の家族や親族の回線数に応じて自動的に月額料金を割引する「みんなドコモ割」の提供も開始する。

これにより、ファミリー割引のグループ内のすべてのギガホおよびギガライトに対して2回線であれば月額500円割引、3回線以上であれば月額1,000円割引を行う。

さらに、ファミリー割引のグループ内でドコモ光の契約が1回線でもあれば、ファミリー割引のグループ内のすべてのギガホおよびギガライトに対して、最大で月額1,000円割引とする「ドコモ光セット割」を適用できる。

みんなドコモ割とドコモ光セット割は同時適用できるため、1加入者あたり最大で月額2,000円割引となる。

また、2019年9月30日までにギガホに加入すると、「ギガホ割」で月額1,000円割引が適用されるが、ギガホ割の適用期間は最大6ヶ月間となっている。

ギガライトは利用したデータ通信量に応じた料金が段階的に適用となり、1GBまでのステップ1、3GBまでのステップ2、5GBまでのステップ3、7GBまでのステップ4の4段階が設定されている。

ほかに、1加入者で2回線を利用する場合に月額1,000円でギガホもしくはギガライトのデータ通信量を利用できるデータプラス、ドコモケータイを利用する顧客には月額1,200円で利用できるケータイプラン、キッズケータイを利用する顧客には月額500円で利用できるキッズケータイプランを2019年6月1日より提供する。

2年定期契約の場合かつ割引適用前の月額料金はギガホが6,980円、ギガライトのステップ1が2,980円、ステップ2が3,980円、ステップ3が4,980円、ステップ4が5,980円、データプラスが1,000円、ケータイプランが1,200円、キッズケータプランが500円となっている。

月間データ通信容量はギガホ(Xi)が30GB、ギガライト(Xi)が7GB、ケータイプラン(Xi)が100MBである。

月間データ通信容量を超過後の通信速度はギガホ(Xi)が最大1Mbps、ギガライト(Xi)およびケータイプラン(Xi)が128kbpsとなる。

音声オプションはギガホ、ギガライト、ケータイプランで契約できる。

みんなドコモ割はギガホおよびギガライト、ドコモ光セット割はギガホおよびステップ1を除いたギガライトが適用対象となっている。

その他の割引や条件、割引適用後の月額料金などはNTT DOCOMOの公式ウェブサイトで確認できる。

NTT DOCOMO
docomo Online Shop

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK