スポンサーリンク

中国移動、中朝露国境地帯で5G基地局を開設


中国のChina Mobile Communications Group (中国移動通信集団)の子会社で吉林省の移動体通信事業を担当するChina Mobile Group Jilin Company (中国移動通信集団吉林)は中朝露国境地帯で第5世代移動通信システム(5G)基地局を開設したことが分かった。

China Mobile Communications Groupが5Gサービスの提供エリアを公表したことで判明している。

China Mobile Group Jilin Companyは吉林省延辺朝鮮族自治州琿春市で1局の5G基地局を開設した。

より具体的には琿春市の防川風景区にある防川展望台付近に5G基地局が設置された。

防川風景区は朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の羅先特別市およびロシアの沿海地方(プリモルスキー・クライ)と接し、防川展望台からは中国、北朝鮮、ロシアの国境地帯を眺望できる。

China Mobile Communications Groupは全体として中国の主要都市から優先的に5G基地局の設置を進めており、その中でChina Mobile Group Jilin Companyが延辺朝鮮族自治州で開設した5G基地局は2019年8月23日時点で防川風景区にある1局のみで、延辺朝鮮族自治州の州都・延吉市には1局も開設していない。

防川風景区は延辺朝鮮族自治州で唯一の5G基地局が設置された特別な場所とも言えるが、一般的な5Gサービスを提供するだけではなく、観光客向けコンテンツや国境警備での5Gの活用を視野に入れている可能性が高い。

外国からの注目度が比較的高い場所で早期に5Gを導入することで、中国の5Gの技術力を対外向けにアピールする機会にもなると思われる。

5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を採用する。

NR方式にはNR方式が単独で動作するスタンドアローン(SA)と、NR方式とLTE方式が連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)が規定されており、NR方式の導入初期はノンスタンドアローンを採用することが決まっている。

なお、China Mobile Group Jilin Companyは延辺朝鮮族自治州ではChina Mobile Group Jilin Companyの支社に相当する延辺州分公司が事業を行う。

参考までに中国の移動体通信事業者としてはChina United Network Communications (中国聯合網絡通信)も5Gサービスの提供エリアを公開しているが、China United Network Communicationsは延辺朝鮮族自治州で1局も5G基地局を設置していない。



China Mobile Group Jilin Companyの営業庁 (琿春市)

China Mobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK