スポンサーリンク

楽天モバイル、京都市に基地局を開設


Rakuten (楽天)の完全子会社で移動体通信事業者(MNO)として新規参入するRakuten Mobile (楽天モバイル)は京都府に基地局を開設したことが分かった。

総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)が運営する電波利用ホームページではRakuten Mobileが開設した基地局数および設置場所を確認できる。

開設から電波利用ホームページに反映されるまで多少の時間を要する場合もあるが、Rakuten Mobileは2019年9月6日までに京都府京都市に2局の基地局を開設した。

より具体的には京都市の上京区に1局、中京区に1局を開設したことが判明している。

Rakuten Mobileは2019年10月に移動体通信事業者としての携帯通信サービスの提供を開始するが、まずは無料サポータープログラムとして対象者を限定して無料で提供する。

東名阪地域から優先的に基地局の整備を進めており、2019年9月6日時点で総務省の近畿総合通信局管内では大阪府大阪市、大阪府東大阪市、兵庫県神戸市、そして京都市で少なくとも1局以上の基地局を開設した。

ただ、基地局の整備に遅れが生じていることから、総務省より3度にわたり行政指導を受けたことが分かっている。

移動体通信事業者としての携帯通信サービスの本格的な商用化は2020年春頃に遅れる見通しで、これも基地局の整備の遅れが影響したと思われる。

なお、屋内や地下を除いた大阪府大阪市、東京都特別区(東京23区)、愛知県名古屋市以外ではKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)と締結したローミング協定に基づき、ローミングとしてKDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneのネットワークにもアクセスできる。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK