スポンサーリンク

豪州のTelstra、2024年6月に3Gサービスを終了


豪州最大手の移動体通信事業者(MNO)であるTelstraは第3世代移動通信システム(3G)を2024年6月に終了すると発表した。

Telstraは2006年にNextGとしてW-CDMA方式で3Gサービスを開始したが、2024年6月に終了する計画である。

3Gサービスからの移行のための時間を十分に確保するため4年以上も前に3Gサービスの終了を告知したと説明している。

Telstraは継続的に同社のネットワークを最新技術にアップグレードできるよう努めているという。

2016年12月には第2世代移動通信システム(2G)のGSM方式を終了しており、GSM方式で利用していた周波数は第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式に転用し、LTE方式の高速化などネットワークの強化を図った。

W-CDMA方式で利用する周波数は第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に転用する予定である。

NR方式は3.5GHz帯のみを利用しているが、W-CDMA方式で利用する850MHz帯をNR方式に転用することで、NR方式のカバレッジの大幅な拡大が期待できる。

なお、一部の地域ではW-CDMA方式の終了を待たずに、W-CDMA方式で利用する周波数の一部を先行してNR方式に転用する模様で、850MHz帯でもNR方式の運用を開始する見通し。

NR Bandは導入済みの3.5GHz帯がn78で、850MHz帯がn5となる。

将来的には高トラヒックエリアではNR方式で26GHz帯または28GHz帯の利用も開始する予定である。

Telstraは2019年5月にNR方式を商用化しており、大洋州で最初にNR方式を導入した移動体通信事業者となった。

Telstra

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK