スポンサーリンク

香港の5G向け4.5GHz帯の周波数オークションで2社が辞退、割当先は事実上確定


香港特別行政区の政府機関で電気通信分野の規制を司る通訊事務管理局(Communications Authority)は第5世代移動通信システム(5G)向けの周波数オークションに関して参加者の変更を発表した。

5G向け周波数としてはミリ波(mmWave)の26GHz帯および28GHz帯をすでに行政割当により割当を実施したが、サブ6GHz帯の3.3GHz帯、3.5GHz帯、4.9GHz帯はそれぞれ個別に周波数オークションを実施して割当する。

すでに3.5GHz帯は終了しており、次に4.9GHz帯、3.3GHz帯の順に実施するが、4.9GHz帯は参加者に変更が生じている。

当初はChina Mobile Hong Kong (中國移動香港:CMHK)、Hong Kong Telecommunications (HKT)、Hutchison Telephone (和記電話)、SmarTone Mobile Communications (數碼通電訊)の4社が3.3GHz帯、3.5GHz帯、4.9GHz帯すべての参加を申請した。

通訊事務管理局が適格審査を経て4社の参加を承認したことから、3.3GHz帯、3.5GHz帯、4.9GHz帯いずれも4社の参加が確定していた。

しかし、3.5GHz帯の確保が確定したHutchison TelephoneおよびSmarTone Mobile Communicationsは4.9GHz帯を辞退することになり、4.9GHz帯の参加者はChina Mobile Hong KongおよびHong Kong Telecommunications (HKT)の2社のみとなった。

4.9GHz帯は対象の周波数範囲が4840.0~4920.0 MHzの80MHz幅で、1ブロックあたり40MHz幅の2ブロックが用意される。

1社あたりの取得できる帯域幅の上限が設けられており、4.9GHz帯では1社あたり40MHz幅、すなわち1ブロックまでに規定されているため、参加者が2社ならば1ブロックずつ分け合うことになる。

事実上、4.9GHz帯の割当先はChina Mobile Hong KongおよびHong Kong Telecommunications (HKT)で確定した。

なお、香港特別行政区では周波数範囲の都合から4.9GHz帯と呼称しているが、世界的には4.5GHz帯と呼ばれている周波数である。

通訊事務管理局弁公室

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK