スポンサーリンク

au向けGalaxy S9 SCV38のAndroid 10版がWi-Fi認証を通過


KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)向けの韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のLTE/W-CDMA/GSM端末「SCV38」が2020年1月2日付けでWi-Fi Allianceの認証を通過した。

Wi-Fiの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/acで認証を受けている。

2.4GHz帯に加えて5GHz帯のWi-Fiを利用できる。

SCV38はKDDIおよびOkinawa Cellular TelephoneよりauのラインナップでGalaxy S9 SCV38として発売された。

Wi-Fi Allianceの認証ページではOperating Systemの項目にAndroid, version:10.0と記載されており、Android 10を搭載した状態のGalaxy S9 SCV38がWi-Fi Allianceの認証を通過したと分かる。

KDDIおよびOkinawa Cellular TelephoneはAndroid 10へのバージョンアップを提供する対象のスマートフォンを公表していないが、NTT DOCOMOはGalaxy S9 SC-02Kに対してAndroid 10へのバージョンアップを実施する計画を正式に発表しているため、Galaxy S9 SCV38に対してもGalaxy S9 SC-02Kと同様にAndroid 10へのバージョンアップを実施する可能性が高い。

Android 10へのバージョンアップの実施に向けて、Android 10を搭載した状態でWi-Fi Allianceの認証を取得したと考えられる。

なお、Galaxy S9 SCV38は発売時のOSのバージョンがAndroid 8.0 Oreo Versionで、すでにAndroid 9 Pie Versionへのバージョンアップも実施されている。

Android 10へのバージョンアップはGalaxy S9 SCV38にとって2度目のメジャーアップデートとなる。

提供を開始する時期や主な更新内容など詳細に関してはバージョンアップの提供を開始する数日前にKDDIより発表されると思われる。


Wi-Fi Alliance – Samsung SCV38

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK