スポンサーリンク

UQ mobile、シニア向けスマホBASIO4 (KYV47)を発表


KDDIの連結子会社であるUQ CommunicationsおよびUQ mobile Okinawa (UQモバイル沖縄)はKYOCERA (京セラ)製のLTE/W-CDMA/GSM端末「BASIO4 (KYV47)」を発表した。

KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)のネットワークを利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)として展開するUQ mobileのラインナップで展開するシニア向けのスマートフォンである。

OSにはAndroid 10を採用している。

チップセットは64bit対応のMediaTek Helio A22 (MT6761)となる。

CPUはクアッドコアで動作周波数は2.0GHzである。

ディスプレイは約5.6インチHD+(720*1480)AMOLEDを搭載する。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE/W-CDMA/GSM方式に対応している。

LTE UE Category 4に対応しており、UQ mobileのサービスでは通信速度が下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)も利用できる。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.0および無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)にも対応する。

地上デジタルテレビ放送は非対応となっている。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

IPX5やIPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能に加えて、米国の政府機関である国防総省(Department of Defense:DoD)が制定したMIL-STD-810Gに準拠した耐衝撃性能を有する。

電池パックは内蔵式で、容量は3300mAhとなる。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

カラーバリエーションは2色から選べる。

2020年2月下旬よりUQ mobileオンラインショップなどで販売を開始する予定である。


UQ mobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK