スポンサーリンク

NECとBBバックボーン、sXGP対応のプライベートLTEシステムを提供


NEC Corporation (日本電気)およびSoftBankの完全子会社であるBB BACKBONEはsXGPに対応したプライベートLTEシステムおよび関連サービスの提供を2020年2月25日より開始すると発表した。

プライベートLTEは企業や団体などが自ら運用するLTE方式をベースとしたローカルの無線通信ネットワークで、工場などで特定の用途に向けて独自のLTEネットワークを構築できる。

プライベートLTEのうち免許不要で使用できる1.9GHz帯を用いたsXGPは免許の申請に加え無線従事者の設置が不要で手軽に利用を開始できるため注目されている。

なお、sXGPはLTE (TDD)方式と高い互換性を確保しており、事実上のLTE (TDD)方式のBand 39となる。

NEC Corporationでは2019年7月にsXGPに対応したアクセスポイントおよびアクセスポイントコントローラを開発したが、新たにNEC CorporationとBB BACKBONEが共同でスタンドアロンのアクセスポイントコントローラにもSIM情報を提供できる新方式を開発し、新方式を適用したプライベートLTEシステムおよび関連サービスを提供するという。

一般社団法人 電波産業会(Association of Radio Industries and Businesses:ARIB)による標準規格のARIB STDで定義された電気通信番号(International Mobile Subscription Identity:IMSI)の管理に対応するほか、SIM情報はスタンドアロンのシステムにも提供できる。

sXGPに対応したアクセスポイントおよびアクセスポイントコントローラと、それらと連携するPBX/キーテレフォンシステムや産業用デバイス、現地調査、無線回線設計、機器セットアップまでエンドツーエンドのソリューションの提供がNEC Corporationの役割となり、sXGP用のSIMの開発、調達、契約、SIM情報管理、流通管理、公衆回線サービスおよび閉域網回線サービスの提供がBB BACKBONEの役割となる。

NEC CorporationはsXGPに対応したアクセスポイントおよびアクセスポイントコントローラについて、2022年度までに累計で1,000システム以上の提供を目指すという。

NEC Corporation
BB BACKBONE

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK