スポンサーリンク

NTTドコモ向けNokia製5G NR基地局が技適通過


総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の技術基準適合証明などを通過した機器の情報が更新された。

NTT DOCOMO向けのNR基地局「SCFDMA3700MHz(NA-128W-AEQV)」が2020年1月10日付けでTelecom Engineering Center (TELEC)を通過したことが分かった。

工事設計認証番号は001-A16270。

申請者はフィンランドのNokia Solutions and Networksの日本法人であるNokia Solutions and Networks Japanで、特定無線設備の種別は証明規則第2条第11号の29に規定する特定無線設備である。

証明規則第2条第11号の29に規定する特定無線設備は5G-NR(3.7GHz帯、4.5GHz帯)用基地局に該当するため、Nokiaが開発したNR方式の基地局と分かる。

周波数は3600~3700MHzの100MHz幅で認証を受けている。

NTT DOCOMOが総務省より第5世代移動通信システム(5G)向けに割当を受けた3.7GHz帯の周波数と完全に一致するため、NTT DOCOMO向けの基地局と考えられる。

NTT DOCOMOは3.7GHz帯のほかに4.5GHz帯や28GHz帯も5G向けに割当を受けた。

5Gの通信方式として標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を導入することが決定しており、2020年春に5Gサービスを商用化する予定である。

5Gの主要な通信設備はNokia Solutions and Networksのほかに、FUJITSU (富士通)やNEC Corporation (日本電気)から調達する。

なお、Telecom Engineering Centerは技術基準適合証明の事業を行う者として、総務大臣の登録を受けた登録証明機関である。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK