スポンサーリンク

楽天モバイルが4月8日にMNOサービスを開始、13年ぶりの新規参入



Rakuten Mobile (楽天モバイル)は移動体通信事業者(MNO)として提供する携帯通信サービスを2020年4月8日に商用化すると明らかにした。

これまで、Rakuten MobileはNTT DOCOMOの通信設備を利用したドコモ回線、auを展開するKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)の通信設備を利用したau回線を仮想移動体通信事業者(MVNO)として展開してきた。

しかし、Rakuten Mobileは移動体通信事業者として新規参入する方針を固め、1.7GHz帯を使用した第4世代移動通信システム(4G)の基地局の開設計画を総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)に申請し、2018年4月9日に総務大臣がRakuten Mobileの開設計画を認定したため、Rakuten Mobileは移動体通信事業者として新規参入することが決まった。

開設計画では2019年10月に移動体通信事業者として携帯通信サービスを提供する計画を示していたが、基地局の整備の遅れなどを受けて事実上の延期を余儀なくされた。

移動体通信事業者として提供する携帯通信サービスは楽天回線と呼称し、半年の延期を経て2020年4月8日に商用化することになった。

2020年4月8日の商用化時点では4GのLTE方式を導入し、周波数は1.7GHz帯を使用する。

Rakuten Mobileは第5世代移動通信システム(5G)向け周波数としてサブ6GHz帯の3.7GHz帯およびミリ波(mmWave)の28GHz帯の割当も受けており、2020年6月に5GのNR方式を導入する計画である。

なお、移動体通信事業者として提供する携帯電話事業者の新規参入は2007年3月31日に商用化したEMOBILE以来で13年ぶりとなる。

Rakuten Mobile
楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK