スポンサーリンク

楽天モバイルがMNOサービスの料金プランを発表、Rakuten UN-LIMITの1種類のみに


Rakuten Mobile (楽天モバイル)は移動体通信事業者(MNO)として展開する楽天回線の正式な料金プランを発表した。

これまで、Rakuten Mobileは無料サポータープログラムとして対象者を限定して試験的に楽天回線を提供してきたが、2020年4月8日に楽天回線を商用化する予定である。

楽天回線の商用化に先立ちRakuten Mobileは2020年3月3日に東京都内で発表会を開催し、正式な料金プランを明らかにした。

正式な料金プランは1種類のみで、Rakuten UN-LIMITを用意する。

月額料金は2,980円(税別)で、最初の300万人に限定してひとりあたり1回線まで1年間は無料となる。

月間データ通信容量は楽天回線が無制限、パートナーエリアが2GBとなり、2GBを超過すると通信速度は最大128kbpsに制限される。

なお、パートナーエリアはRakuten Mobileがローミング協定を締結したKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)のネットワークを利用する。

国際ローミングは66の国と地域が対象で、国際ローミングにおける月間データ通信容量は2GBとなっている。

日本国内または国際ローミングで月間データ通信容量が不足する場合はデータチャージを追加購入できるが、日本国内と国際ローミングで必要な場合はそれぞれ個別に購入する必要がある。

データチャージは1GBで500円(同)、2GBで1,000円(同)、3GBで1,500円(同)、4GBで2,000円(同)、5GBで2,500円(同)となる。

Rakuten Linkを利用した音声通話は日本国内から日本国内への発信が無制限、海外のうち指定の66の国と地域から日本国内への発信が無制限、その他の場合は国または地域別の従量課金となるが、980円の月額料金で日本国内や海外から海外への発信が無制限となる国際通話かけ放題も用意する。

また、Rakuten Linkを利用したSMSは日本国内と海外のうち指定の66の国と地域であれば無制限となり、その他の国と地域は全角70文字あたり100円に設定されている。

Rakuten Linkを使用しない通常の音声通話は日本国内から日本国内への発信が30秒あたり20円、その他の場合は国または地域別の従量課金、Rakuten Linkを使用しない通常のSMSは日本国内が全角70文字あたり3円、海外が全角70文字あたり100円となる。

事務手数料は3,300円(税込)である。

その他の詳細はRakuten Mobileの公式ウェブサイトで確認できる。

先行申し込みは2020年3月3日の16時よりオンラインで受け付けを開始し、2020年3月4日の各店舗の開店時刻より実店舗でも受け付ける。

ただ、他社からの番号ポータビリティ(MNP)やRakuten Mobileが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供するドコモ回線およびau回線からの移行は2020年4月8日より申し込める。

楽天回線は2020年4月8日の商用化時点では第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式を導入し、周波数は1.8GHz帯(Band 3)を使用する。

2020年6月には第5世代移動通信システム(5G)のNR方式も導入することが決まっている。

Rakuten Mobile
楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK