スポンサーリンク

楽天モバイル、my 楽天モバイルで楽天回線とパートナーエリアの判別を可能に


移動体通信事業者(MNO)として新規参入するRakuten Mobile (楽天モバイル)は移動体通信事業者として提供する携帯通信サービスで楽天回線とパートナーエリアを判別できる機能を実装することが分かった。

2020年3月3日に開催した発表会の質疑応答で明らかにされた。

Rakuten Mobileが移動体通信事業者として提供する携帯通信サービスでは楽天回線を利用できるが、楽天回線のエリア外ではローミング協定を締結したKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)のネットワークを利用できる。

なお、ローミングの提供エリアは大阪府大阪市、愛知県名古屋市、東京都特別区(東京23区)および局所的なトラヒック混雑エリアを除く日本全国のほか、地下鉄、地下街、トンネル、屋内施設や観光名所などの一部で、期間は2026年3月31日までとなる。

Rakuten Mobileは移動体通信事業者として提供する正式な料金プランは1種類のみとなり、Rakuten UN-LIMITを用意している。

月間データ通信容量は楽天回線が無制限、KDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneのネットワークを利用するパートナーエリアが2GBとなり、2GBを超過するとパートナーエリアでは通信速度が最大128kbpsに制限される。

移動体通信事業者としての商用化に先行して無料サポータープログラムを提供しているが、サードパーティのアプリケーションや開発者モードやそれに類する機能を利用しない限り、端末上から楽天回線とパートナーエリアの判別は困難なことが分かっている。

楽天回線とパートナーエリアいずれも通信事業者名はRakutenと表示され、パートナーエリアでローミングを指す表示は現れない。

無料サポータープログラムは楽天回線とパートナーエリアともに無制限で利用できたが、正式な料金プランではパートナーエリアでは無制限に利用できないことになり、このような状況から楽天回線とパートナーエリアを判別できる機能を実装する模様である。

Rakuten Mobileが提供するmy 楽天モバイルのアプリケーションで2020年4月8日より楽天回線とパートナーエリアを判別できる機能を実装する予定という。

楽天回線とパートナーエリアの判別にアプリケーションの起動が必要な点は少し手間になるかもしれない。

Rakuten Mobile
楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK