スポンサーリンク

5G対応フラッグシップスマホmotorola edge+ (XT2061-1)がBluetooth認証を通過


米国のMotorola Mobility製のNR/LTE/W-CDMA/CDMA2000/GSM端末「XT2061-1」が2020年3月31日付けでBluetooth SIGの認証を通過した。

Bluetoothモジュールのバージョンは5.1。

XT2061-1は未発表端末の型番である。

Bluetooth SIGの認証ページでは製品名がmotorola edge+と記載されているため、XT2061-1はmotorola edge+として発表されることが決定的となった。

これまで、Motorola Mobilityは第5世代移動通信システム(5G)に対応したフラッグシップのスマートフォンとしてmotorola edge+を開発していると伝えられていたが、認証機関では初めてmotorola edge+の製品名が確認された。

すでにXT2061-1は米国の連邦通信委員会(Federal Communications Commission:FCC)の認証を通過しており、5GのNR方式に対応することが分かっている。

NR方式の周波数はミリ波(mmWave)の39GHz帯および28GHz帯に対応しており、NR Bandは39GHz帯がFR2のn260、28GHz帯がFR2のn261にあたる。

対応周波数から米国最大の移動体通信事業者(MNO)でVerizon Wirelessとして事業を行うCellco Partnership向けとなる可能性が高い。

Motorola Mobilityは5Gに対応した端末として2019年4月に5G moto modを発売したが、あくまでも5G moto modはスマートフォンに装着する外付けモデムの扱いで、5G moto modはスマートフォン本体ではない。

そのため、motorola edge+はMotorola Mobilityにとって最初の5Gに対応したスマートフォンとなる見込み。

Bluetooth SIG – Motorola Mobility XT2061-1

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK