スポンサーリンク

楽天モバイルが米イノアイを買収へ、Rakuten Communications Platformの開発強化


Rakuten (楽天)の完全子会社で移動体通信事業者(MNO)として新規参入を果たしたRakuten Mobile (楽天モバイル)は米国のInnoeyeおよびそのインド法人のInnoeye Technologiesを買収する計画を発表した。

Rakuten MobileはInnoeyeおよびInnoeye Technologiesを取得することで、第5世代移動通信システム(5G)ネットワーク用の完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークプラットフォームであるRakuten Communications Platformをグローバルで展開するために、開発体制の強化を図るという。

Innoeyeは米国のバージニア州ハーンドンに本社を設置し、移動体通信事業者やマルチプルシステムオペレータ(MSO)向けにクラウドプラットフォームのプロセス自動化システムなどを提供する。

Innoeye Technologiesはインドのマディヤ・プラデーシュ州のインドールに開発拠点を設置している。

すでにRakuten MobileのネットワークではInnoeyeが開発したネットワーク運用システム(OSS)を導入しており、Rakuten MobileとしてはInnoeyeが保有するネットワーク運用ソフトウェアの開発技術および開発陣を取得することになる。

Rakuten Mobileは完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークを構築するシステムをRakuten Communications Platformとして、プラットフォームサービスを展開する計画である。

Rakuten Communications PlatformはRakuten Mobileが保有する仮想化モバイルネットワークの構築技術やそれに関連する知見、ネットワーク運用システム、ビジネス支援システム(BSS)、エッジコンピューティング技術や仮想ネットワークの管理方法などを集約させた5Gネットワーク用のクラウドプラットフォームとなり、世界の通信事業者が仮想化ネットワークを構築するためのソリューションとして展開する。

通信事業者の需要に応じた機能を提供する予定で、通信事業者が必要な機能をアプリケーションストア形式のインターフェースを通じて購入し、開発および運用するネットワークに展開できる機能を実装する予定も案内している。

Rakuten Communications Platformを導入した通信事業者は高い水準の機能を迅速かつ容易に利用できるようになるという。

Rakuten Mobile
楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK