スポンサーリンク

HONOR X10は世界で初めて5G NRのSULバンドに対応


中国のHuawei Technologies (華為技術)が発表したスマートフォン「HONOR X10」はNR方式の上り専用の周波数に対応することが分かった。

NR方式は第5世代移動通信システム(5G)の要求条件を満たすために規定された通信方式で、NR方式の周波数はNR Bandとして定義されている。

HONOR X10が対応するNR BandはFDDのn1およびn3、TDDのn38、n41、n77、n78、n79、そしてSULのn80およびn84となる。

n80やn84をはじめとしてSULのNR Bandに対応したスマートフォンは発表日を基準としてHONOR X10が世界で初めてである。

SULはSupplementary Uplinkの略で、付加アップリンクとも呼称されており、上りの周波数のみが規定されている。

周波数範囲はn80が1710~1785MHz、n84が1920~1980MHzで、それぞれn3のn1の上りの周波数範囲と一致する。

SULは上り専用のため単体で使うことはなく、TDDのNR Bandと束ねるキャリアアグリゲーション(CA)が定義されており、例えばn80はn41、n77、n78、n79とCA、n84はn77、n78、n79とCAで利用できる。

TDDは下りを重視した上下比率で運用すると想定されているほか、特にn77、n78、n79を含む3300~5000MHzは周波数が高いうえに送信電力の制限があり、カバレッジが狭くなると予想できることから、より広範囲をカバーできるNR BandとCAを適用して補う狙いがある。

中国で販売するHONOR X10がn80およびn84に対応することから、中国の移動体通信事業者(MNO)がn80およびn84の導入を準備している可能性が考えられる。

中国の移動体通信事業者各社が割当を受けた周波数を考慮すると、China Mobile (中国移動)として事業を行うChina Mobile Communications Group (中国移動通信集団)がn80、共同でNR方式の通信網を整備するChina Telecom (中国電信)とChina Unicom (中国聯通)として事業を行うChina United Network Communications (中国聯合網絡通信)がn80およびn84を導入することが可能である。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK