スポンサーリンク

カナダのBell、5Gサービスを商用化


カナダの移動体通信事業者(MNO)であるBell Mobilityは第5世代移動通信システム(5G)を商用化した。

2020年6月11日よりNR方式に準拠した5Gサービスの提供を開始している。

5Gサービスの開始当初はバンクーバー、カルガリー、エドモントン、モントリオール、トロントとその周辺地域で構成するグレータートロントの一部を5Gサービスの提供エリアとする。

NR方式の基地局数や5Gサービスを利用できる面積を基準として、Bell Mobilityが構築した5Gネットワークはカナダで最大の5Gネットワークになるという。

Bell Mobilityが提供するポストペイドプランが5Gサービスに対応しており、5Gサービスのオプションに加入すると5Gサービスを利用できる。

オプションは月額料金が10カナダドル(約790円)に設定されているが、2021年3月31日にまでは無料で提供する。

5Gサービスに対応した端末としては5機種のスマートフォンを取り扱う。

韓国のLG Electronics製のLG V60 ThinQ 5G、米国のMotorola Mobility製のmotorola edge+、韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のSamsung Galaxy S20 5G、Samsung Galaxy S20+ 5G、Samsung Galaxy S20 Ultra 5Gを販売している。

Bell MobilityはNR方式の基地局のベンダとしてスウェーデンのEricssonを選定しており、EricssonよりNR方式に対応した基地局を調達する。

なお、カナダの移動体通信事業者としてはすでにRogers Communications Canadaが5Gサービスを商用化しており、Bell Mobilityはカナダで2番目に5Gサービスを商用化した移動体通信事業者となった。

Bell Mobility

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK