スポンサーリンク

DOCOMO PACIFIC、近くグアムとサイパンでモバイル向け5Gを開始へ


NTT DOCOMOの完全子会社で米領グアムおよび米自治領北マリアナ諸島(CNMI)の移動体通信事業者(MNO)であるDOCOMO PACIFICは近く携帯通信用途で第5世代移動通信システム(5G)を導入する計画であることが分かった。

米領グアムの報道機関が伝えており、親会社のNTT DOCOMOおよび5Gの通信設備を供給するフィンランドのNokiaの支援を受けて、間もなく携帯通信用途で5Gサービスの提供を開始する予定という。

DOCOMO PACIFICはマリアナ諸島で最初の5Gサービスとして、2019年10月29日に固定通信用途で法人向けにNR方式に準拠した5Gサービスを商用化した。

対応端末としては台湾のHTC (宏達国際電子)製の据置型無線LANルータであるHTC 5G Hubを用意している。

個人顧客向けおよび携帯通信用途では5Gサービスを導入していないが、近く携帯通信用途でも5Gサービスを導入することになる。

DOCOMO PACIFICは2020年5月12日付けの報道発表資料を通じて2020年5月中に携帯通信用途で5Gサービスの提供を開始する計画を示唆していたため、携帯通信用途の5Gサービスの導入は当初の計画より遅れている可能性が高い。

まずは韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のスマートフォンであるSamsung Galaxy S20、Samsung Galaxy S20+、Samsung Galaxy S20 Ultraで携帯通信用途の5Gサービスを利用できるようになる予定である。

固定通信用途の5Gサービスは米領グアムの首都・ハガニアおよびDOCOMO PACIFICの本社が所在するタムニンで提供しているが、携帯通信用途の5Gサービスの提供を開始するまでに5Gネットワークの整備を拡大し、携帯通信用途の5Gサービスはハガニアおよびタムニンに加えてマンギラオでも提供を開始するという。

また、米領グアムに加えて米自治領北マリアナ諸島のサイパン島でもすぐに携帯通信用途の5Gサービスの提供エリアに追加する計画を示している。

Marianas Business Journal

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK