スポンサーリンク

NTTドコモ、Made in Japanの5Gスマホarrows 5G F-51Aを販売開始


NTT DOCOMOはFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIES (富士通コネクテッドテクノロジーズ:FCNT)製のスマートフォン「arrows 5G F-51A」を発売した。

日本全国のNTT DOCOMOの取扱店を通じて2020年7月30日より一斉に販売を開始している。

NTT DOCOMOが運営するdocomo Online Shopでは販売価格がが118,008円(税込)に設定されている。

5G WELCOME割の適用が可能で、のりかえ(MNP)であれば販売価格から22,000円(同)、契約変更(Xi→5G)または契約変更(FOMA→5G)であれば販売価格から5,500円の割引が適用されるため、のりかえ(MNP)では96,008円(同)、契約変更(Xi→5G)または契約変更(FOMA→5G)では112,508円(同)で購入できる。

カラーバリエーションはNavy BlackとTitanium Silverの2色から選べる。

docomo Online Shopでは新規契約、他社からのりかえ(MNP)、機種変更、契約変更に係る契約事務手数料が完全に無料となるほか、2,750円(同)以上の購入で送料が無料となっている。

また、FUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESの主催でキャンペーンを実施することも案内しており、応募期間にarrows 5G F-51Aを購入および指定の応募フォームよりキャンペーンの申し込みを完了したdポイントクラブの会員を対象として、先着で20,000人に5,000ポイント分のdポイントを付与するという。

応募期間は2020年7月30日から2020年9月30日の23時59分までとなり、先着順のため応募数に到達次第早期終了となることを留意しておきたい。

arrows 5G F-51AはNTT DOCOMOが2020年3月25日に商用化した5Gに対応したスマートフォンである。

5Gの通信方式は第5世代移動通信システム(5G)の要求条件を満たすために規定されたNR方式のノンスタンドアローン(NSA)構成に準拠し、導入当初の周波数はサブ6GHz帯の3.7GHz帯および4.5GHz帯を使用している。

2020年夏以降にミリ波(mmWave)の28GHz帯も導入する計画で、arrows 5G F-51Aではソフトウェアのアップデートを通じてミリ波にも対応する予定が明らかにされている。

なお、NR Bandは3.7GHz帯がFR1のn78、4.5GHz帯がFR1のn79、28GHz帯がFR2のn257である。

5Gの通信速度は発売当初がサブ6GHz帯を使用して下り最大3.4Gbps/上り最大182Mbpsとなり、ミリ波に対応すれば下り最大4.1Gbps/上り最大480Mbpsに高速化する。

日本国内の工場で製造するMade in Japanも特徴のひとつで、兵庫県加東市に所在する工場で製造している。

docomo Online Shop

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK