スポンサーリンク

ソフトバンク向けミッドレンジの5GスマホSHARP W-115を準備中


SoftBank向けと思われるSHARP製のスマートフォン「W-115」がベンチマークの測定結果に登場した。

W-115はGeekbench 5の測定結果に登場しており、スペックの一部が判明している。

OSにはAndroid 10を採用する。

チップセットはQualcomm Snapdragon 765 5G Mobile PlatformもしくはQualcomm Snapdragon 765G 5G Mobile Platformとなる。

システムメモリの容量は8GBと思われる。

W-115は未発表端末のメーカー型番である。

SHARPのメーカー型番の型番規則を考慮すると、SoftBank向けと考えられる。

SoftBankブランドまたはY!mobileブランドで展開する見込み。

チップセットに第5世代移動通信システム(5G)に対応したミッドレンジ向けのQualcomm Snapdragon 765 5G Mobile PlatformもしくはQualcomm Snapdragon 765G 5G Mobile Platformを採用することから、ミッドレンジの5Gに対応したスマートフォンとなる可能性が高い。

SHARPはハイエンドのスマートフォンをAQUOS RシリーズおよびAQUOS zeroシリーズ、ミッドレンジ以下のスマートフォンをAQUOS senseシリーズで展開しているため、AQUOS senseシリーズに該当する可能性は十分に想定できる。

ベンチマークで判明した情報から製品名を断定することはできないが、SHARPがミッドレンジの5Gに対応したスマートフォンをSoftBank向けに準備していることは決定的となった。

これまでに、SHARPは5Gに対応したスマートフォンを製品化して日本および台湾で販売しているが、すでに製品化した5Gに対応したスマートフォンはハイエンドであるため、SHARPにとって最初のミッドレンジの5Gに対応したスマートフォンのひとつとなる見込み。

Geekbench

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK