スポンサーリンク

ソフトバンクがA003ZTとA004ZTを準備中、A004ZTは高性能なモバイルWi-Fiルータか



SoftBankは中国のZTE (中興通訊)製の「A003ZT」および「A004ZT」を準備していることが分かった。

ZTE製のA004ZTが2020年9月24日付けでWi-Fi Allianceの認証を通過しており、存在が判明している。

Wi-Fi AllianceではWi-Fi CERTIFIED 6/a/b/g/n/acプログラムで認定を受けている。

したがって、無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/ac/axに対応しており、2.4GHz帯に加えて5GHz帯も利用できる。

A004ZTは未発表端末の型番である。

型番規則からSoftBank向けと考えられる。

製品の項目はLTE Ufiと記載されており、モバイル無線LANルータとなる見込み。

IEEE 802.11axにも対応するため、高性能なモバイル無線LANルータとなる可能性が高い。

なお、第5世代移動通信システム(5G)に対応したモバイル無線LANルータでもWi-Fi Allianceの認証ではLTE Ufiと記載されているため、Wi-Fi Allianceの認証からは対応する通信方式を確定することはできない。

SoftBankはすでにNR方式に準拠した5Gサービスを商用化しているため、5Gに対応した高性能なモバイル無線LANルータを準備している可能性も十分に考えられる。

SoftBankは発売時期が2020年4月以降の機種から型番規則を変更しており、新たな型番規則を適用したZTE製の端末としては、A001ZTがシンプルスタイル向けスマートフォンのLibero 3 (A001ZT)として、A002ZTが法人向けUSBスティック型データ通信専用端末のSoftBank A002ZTとして発表されている。

A003ZTは発表されていないが、A004ZTの存在が確定したことから、A003ZTの存在も決定的となった。

SoftBankブランドまたはY!mobileブランドで2020年秋以降に順次発売すると思われる。

Wi-Fi Alliance

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK