スポンサーリンク

フランスのBouygues Telecom、5Gサービスを12月1日に商用化



フランスのBouyguesの連結子会社で同国の移動体通信事業者(MNO)であるBouygues Telecomは第5世代移動通信システム(5G)を2020年12月1日に商用化することが分かった。

Bouyguesは2020年第3四半期の業績説明会でBouygues Telecomの5Gに関する取り組みに言及しており、2020年12月1日に顧客が5Gネットワークを利用できるようにすると説明している。

そのため、Bouygues Telecomは2020年12月1日より5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式に準拠した5Gサービスの提供を開始することになる。

Bouygues Telecomは5Gの展開で使用する周波数を説明しており、まずは5G向けに取得した周波数を使用し、徐々に既存の第4世代移動通信システム(4G)向け周波数も使用する計画である。

5G向け周波数としては2020年9月に3.5GHz帯を6億200万ユーロ(約742億2,700万円)で取得した。

帯域幅は第1段階で50MHz幅、第2段階で20MHz幅を取得しており、合計で70MHz幅を保有する。

NR BandはFR1のn78を採用する見込み。

なお、4G向け周波数は2.6GHz帯、2.1GHz帯、1.8GHz帯、800MHz帯、700MHz帯を保有しており、すでに4GのLTE方式を運用している。

LTE BandはそれぞれBand 7、Band 1、Band 3、Band 20、Band 28となる。

当初は3.5GHz帯を使用してデータ通信量が多い高トラヒックエリアを中心に5Gの整備を行い、5Gサービスの商用化から1年以内にフランス全土で5Gの整備を順次拡大する方針という。

また、当初はNR方式とLTE方式が連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成で運用するため、広い帯域幅を活用してeMBB (超高速大容量)を実現するが、将来的にはNR方式が単独で動作するスタンドアローン(SA)構成を導入してeMBBに加えてmMTC (同時多接続)およびURLLC (低遅延高信頼)も実現する計画である。

これまでに、フランスの移動体通信事業者は5Gを導入していない。

Bouygues Telecomはフランスの移動体通信事業者としては初めて5Gを導入する具体的な日程を公表したことになる。

Bouygues Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK