スポンサーリンク

ベトナムのMobiFoneが5Gの試験サービスを開始



ベトナムの移動体通信事業者(MNO)であるMobiFone Corporationは第5世代移動通信システム(5G)の試験サービスの提供を開始した。

MobiFone Corporationの顧客は商用の携帯通信サービスで5Gを試験的に利用できる。

第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式を利用できるSIMカードであればSIMカードの交換は不要で、5Gの利用に追加料金などは発生しない。

ホーチミン市の一部が提供エリアとなり、まずは1区の主要な通りで5Gを整備している。

顧客側から申請が必要となるが、有効期間が30日間で5GBのデータ通信を無料で付与する施策も行う。

MobiFone Corporationはベトナムの政府機関で電気通信分野などの規制を管轄する情報通信省(Ministry of Information and Communications:MIC)より商用の携帯通信サービスで5Gを試験的に提供するための免許を取得しており、ホーチミン市に限定して50局以下の規模で5Gの基地局を設置できる。

商用の携帯通信サービスで利用できるが、免許の種別は試験用であるため、正式な商用化ではない。

免許の有効期限は2021年6月30日に設定されており、満期を迎えるまで商用環境で5Gの検証を行える。

MobiFone Corporationとしては情報通信省より商用の免許を正式に受領できれば、すぐに優れた5Gサービスを商用化できると説明している。

5Gに対応した端末として複数のスマートフォンを公式に案内しており、中国のHuawei Technologies (華為技術)製のHUAWEI P40 Pro、中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)製のOPPO Find X2およびOPPO Find X2 Pro、中国のXiaomi Communications (小米通訊技術)製のXiaomi Mi 10T Proで動作が確認されている。

端末メーカーと積極的に調整を進める方針で、対応を確認できた端末は定期的に公表する予定である。

5Gの通信方式はNR方式を採用しており、LTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成で運用する。

周波数はサブ6GHz帯の2.5GHz帯を使用しており、NR BandはFR1のn41となる。

通信環境が良好であれば通信速度の実測値は1.2Gbpsから1.6Gbpsに達するという。

5Gの基地局は少なくともスウェーデンのEricssonから調達したことが分かっている。

MobiFone

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK