スポンサーリンク

UQ mobile、くりこしプランの提供を開始



KDDIおよび同社の連結子会社であるOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)はUQ mobileの携帯通信サービスで新たな料金プランとして「くりこしプラン」の提供を開始した。

2021年2月1日より提供を開始しており、UQ mobileのオンラインショップなどで申し込める。

複雑な割引条件を設けないシンプルな料金プランで、3種類のラインナップを用意している。

くりこしプランSは月額料金が1,628円で、月間データ通信容量は3GBとなり、データ通信量が所定の月間データ通信容量を超過した場合は当月末まで通信速度が最大300kbpsに制限される。

くりこしプランMは月額料金が2,728円に設定されており、月間データ通信容量は15GBで、データ通信量が所定の月間データ通信容量を超過した場合は当月末まで通信速度が最大1Mbpsとなる。

くりこしプランLは月額料金が3,828円で、月間データ通信容量は25GBとなり、データ通信量が所定の月間データ通信容量を超過した場合は当月末まで通信速度が最大1Mbpsで利用できる。

なお、2021年4月利用分まではくりこしプランMの月間データ通信容量は10GB、くりこしプランLの月間データ通信容量は20GBとなるが、データチャージ料金から最大で5GB分を割引するため、それぞれ合計で15GBと25GBを利用できるが、利用者によるデータチャージが必要となることを留意しておきたい。

いずれも月間データ通信容量が余れば翌月まで繰り越せる。

ほかに節約モードや通話オプションも用意しており、節約モードであればデータ通信量を集計する対象とはならない。

節約モードでは通信速度が低速化することになり、低速化を適用後の通信速度はデータ通信量が所定の月間データ通信容量を超過した場合の通信速度と共通である。

国内の通話料金は30秒当たり22円に設定されているが、一部で通話料金が異なる通話先が存在すると案内している。

国内のSMS通信料は70文字以内で1通当たり3.3円で、機種により最大で全角670文字まで送信できるが、134文字までは2通分となり、さらに135文字以降は67文字ごとに1通分のSMS通信料が発生する。

表記の金額はすべて税込である。

また、KDDIは2021年2月1日付けで案内を掲載しており、くりこしプランに関する問い合わせや変更の申し込みが多く、お客様センターに電話が繋がりにくい状況が発生しているという。

料金プランの変更はmy UQ mobileから手続きを行えるが、アクセスが集中してmy UQ mobileにアクセスしづらい状況も発生している。

新しい料金プランは申し込み翌月の適用となるため、2021年2月2日以降かつ2021年2月中に料金プランの変更を申し込むよう求めている。

UQ mobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
  • Archive

  • Select Category

  • LINK