スポンサーリンク

KDDI向けサムスン電子製5G対応ルータと思われるSCR01が技適通過



総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)は技術基準適合証明や工事設計認証などを通過した機器の情報を更新した。

KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)向けの韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のNR/LTE端末「SCR01」が2021年1月25日付けおよび2021年2月10日付けでTUV Rheinland Japanを通じて電波法に基づく工事設計認証を取得したことが分かった。

工事設計認証番号は2021年1月25日付けの認証が005-102660、2021年2月10日付けの認証が005-102679。

モバイルネットワークはNR (FR1, TDD) 3500(n78) MHz, LTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/800(B18) MHz, LTE (TDD) 2500(B41) MHzで認証を受けている。

無線LANの周波数でも通過しており、2.4GHz帯および5GHz帯を利用できる。

SCR01は未発表端末の型番である。

型番規則からKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone向けと考えられる。

KDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneが発売したSHARP製の無線LANルータであるSpeed Wi-Fi 5G X01 (SHR01)の型番がSHR01であるため、SHR01と型番規則が一致するSCR01はKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone向けのルータとなる見込み。

第5世代移動通信システム(5G)のNR方式でも認証を取得しており、周波数範囲は3400~3800MHzで認証を受けているが、将来的に周波数範囲を拡大して工事設計認証を再通過することも十分に予想できる。

なお、工事設計認証は2度にわたり通過しており、1度目の認証ではNR方式で認証を受けていないが、2度目の認証ではNR方式を追加して認証を受けた。

対応周波数を追加して工事設計認証を再通過する事例は少なくないが、第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式に関してはLTE (FDD) 700(B28) MHzやLTE (TDD) 3500(B42) MHzでは認証を取得していないなど対応周波数が限定的であるため、価格を抑えた製品となる可能性も考えられる。

工事設計認証で公開された情報から可搬型または据置型を断定することはできない。

これまでに、Samsung Electronicsは米国で5Gに対応した据置型の無線LANルータを製品化した実績がある。

総務省

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK