スポンサーリンク

NTTドコモ向けスマホGalaxy A52 5G SC-53BがFCC通過



NTT DOCOMO向けの韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のNR/LTE/W-CDMA/GSM端末「SC-53B」が2021年4月1日付けで米国の連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)の認証を通過した。

FCC IDはA3LSMA526JPN。

モバイルネットワークはLTE (FDD) 850(B5)/700(B12) MHz, LTE (TDD) 2500(B41) MHz, W-CDMA 850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetooth、無線LAN、NFCの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応しており、周波数は2.4GHz帯および5GHz帯を利用できる。

SC-53Bは未発表端末の型番である。

型番規則からNTT DOCOMO向けで第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に対応すると分かる。

FCC IDからSC-53BはNTT DOCOMO向けのSamsung Galaxy A52 5Gに該当すると考えられる。

また、FCCではSC-53Bに関する複数の情報が公開された。

通信方式はNR (FR1, TDD) 3700(n77)/3500(n78) MHz, LTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/1500(B21)/ 850(B5)/800(B19)/700(B12) MHz, LTE (TDD) 3500(B42)/2600(B38)/ 2500(B41)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応すると記載されている。

ただ、NTT DOCOMO向けでNR (FR1, TDD) 4500(n79) MHzに対応しないことは考えにくいため、FCCが公開した資料に誤りがあると考えて問題ない。

FCCの資料ではn77とn79を間違えて記載したと思われる。

電池パックの型番はEB-BG781ABYとなっている。

Samsung Galaxy S20 FEおよびSamsung Galaxy S20 FE 5G向けに新規開発した電池パックで、Samsung Galaxy S20 FEおよびSamsung Galaxy S20 FE 5Gのほかに少なくともSamsung Galaxy A52およびSamsung Galaxy A52 5Gも共通の電池パックを採用することが分かっている。

製造場所はベトナムのSamsung Electronics Vietnamと記載されている。

Samsung Electronics VietnamはSamsung ElectronicsがシンガポールのSamsung Asiaを通じて所有する完全子会社で、ベトナムのバクニン省でスマートフォンをはじめとした携帯端末などの製造を行う工場を運営している。

そのため、SC-53BはSamsung Electronics Vietnamが運営するベトナムの工場で製造することになる。

NTT DOCOMOの型番が付与されているSC-53BはNTT DOCOMOの製品として展開するため、NTT DOCOMOよりGalaxy A52 5G SC-53Bとして発表される見込みである。

FCC

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK