スポンサーリンク

アラブ首長国連邦のEtisalat、ミリ波の5GをEricssonと商用展開



アラブ首長国連邦(UAE)の移動体通信事業者(MNO)でEtisalatとして事業を行うEmirates Telecommunications Corporationはミリ波(mmWave)の周波数を使用した第5世代移動通信システム(5G)をスウェーデンのEricssonと提携して商用で展開することを発表した。

Emirates Telecommunications CorporationはEricssonから調達した通信設備を使用してミリ波の5Gを商用で展開する計画である。

広い帯域幅を確保したミリ波の周波数で5Gを展開することで、下りの通信速度は4.2Gbpsの超高速通信を実現できるという。

固定通信用途や競技場および商業施設など屋内の高トラヒックエリアでミリ波を活用して5Gを整備する方針を示した。

Emirates Telecommunications Corporationはすでに5Gを商用化している。

世界的にも早い段階に5Gを商用化した移動体通信事業者のひとつである。

2019年5月30日に5Gの提供を開始しており、アラブ首長国連邦および中東では1番目、世界では9番目に5Gを商用化した。

5Gの通信方式はNR方式を導入および運用する。

無線アクセスネットワーク(RAN)構成は第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成である。

まずは5G向け周波数として割当を受けたサブ6GHz帯の周波数を使用している。

具体的には3.5GHz帯を使用しており、NR BandはFR1のn78である。

2020年9月には5G向け周波数としてミリ波の26GHz帯の割当を受けたため、将来的に5Gの整備で26GHz帯も使用することになる。

また、Emirates Telecommunications CorporationおよびEricssonが案内するミリ波の周波数は26GHz帯であることも確定している。

通信設備は中国のHuawei Technologies (華為技術)より調達しているが、2021年4月にはフィンランドのNokia Solutions and Networksからも調達することを発表していた。

ミリ波の5GではEricssonの通信設備を使用するため、5Gでは少なくともHuawei Technologies、Nokia Solutions and Networks、Ericssonの通信設備を使用する。

なお、商用の5Gで26GHz帯の使用を開始する時期に関しては公表していない。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK