スポンサーリンク

NTTドコモ向けWi-Fi STATION SH-52Bと思われるシャープ製端末がFCC通過



NTT DOCOMO向けと思われるSHARP製のNR/LTE/W-CDMA端末「HRO00297」が2021年7月16日付けで米国の連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)の認証を通過した。

FCC IDはAPYHRO00297である。

モバイルネットワークはLTE (FDD) 2600(B7)/1700(B4)/ 850(B5)/700(B12) MHz, LTE (TDD) 2600(B38)/2500(B41) MHz, W-CDMA 850(V) MHzで認証を受けている。

無線LANの周波数でも通過している。

HRO00297はSH-52Bの型番に該当すると思われる。

FCCで公開された資料には製品種別はモバイル無線LANルータと記載されている。

また、米国の政府機関であるFCCでは基本的に米国で利用できる周波数で認証を行う。

そのため、日本の移動体通信事業者(MNO)向けの端末の場合は米国における国際ローミングを想定して対応した周波数で認証を受けることになる。

米国における国際ローミングを想定して対応した周波数の傾向から販売元を推測することが可能で、HRO00297はNTT DOCOMO向けと思われる。

なお、米国で利用できない周波数ではFCCの認証を受けないため、FCCで認証を受けた周波数は端末が対応する周波数の一部であり、全部ではないことを留意しておきたい。

日本やほかの国と地域で利用できる周波数でも米国で利用できない周波数であれば、FCCで認証を受けることはない。

発売前でNTT DOCOMO向けのSHARP製のモバイル無線LANルータとしてはSH-52Bが存在するため、SH-52Bに該当すると推測できる。

SH-52BはNTT DOCOMOよりWi-Fi STATION SH-52Bとして正式に発表されている。

第5世代移動通信システム(5G)に対応したコンパクトなモバイル無線LANルータである。

2021年8月下旬以降に発売する予定で、詳細な発売日は案内していない。

FCCの認証を取得するなど発売に向けた準備を進めていることが分かる。

FCC

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK