スポンサーリンク

マレーシアのMaxisが5G国際ローミングを提供開始



マレーシアの移動体通信事業者(MNO)であるMaxis Broadbandは国際ローミングで第5世代移動通信システム(5G)の提供を開始した。

マレーシアでは5Gを提供していないが、国際ローミングでは2021年10月15日より5Gを提供している。

Maxis Broadbandが提供する携帯通信サービスではMaxisまたはHotlink、個人または法人、ポストペイドプランまたはプリペイドプランに関係なく、国際ローミングで5Gを利用することができる。

国際ローミングで5Gを利用できる国はタイ、シンガポール、インドネシアの3ヶ国で、いずれもマレーシアの近隣に位置する東南アジアの国となる。

まずは3ヶ国が対象となるが、間もなく多くの国または地域を対象に追加する計画という。

対象の移動体通信事業者はタイがAISとして事業を行うAdvanced Wireless Network、シンガポールがSingtel Mobile Singapore、インドネシアがTelkomselとして事業を行うTelekomunikasi Selularである。

いずれも5Gの無線方式としてNR方式を採用している。

NR BandはAdvanced Wireless NetworkがFR1のFDDのn28およびTDDのn41、Singtel Mobile SingaporeがFR1のFDDのn1およびTDDのn78、Telekomunikasi SelularがFR1のTDDのn40となっている。

無線アクセスネットワーク(RAN)構成はAdvanced Wireless NetworkおよびSingtel Mobile Singaporeがスタンドアローン(SA)構成のOption 2およびノンスタンドアローン(NSA)構成のOption 3のデュアルモードで、Telekomunikasi SelularはNSA構成のOption 3で運用する。

なお、Maxis Broadbandは5Gを整備することが許可されていないため、マレーシア国内では5Gを商用化していない。

マレーシアでは同国の国有の特別目的事業体であるDigital Nasionalが5Gを整備する唯一の移動体通信事業者となることが決定している。

マレーシア全土で5Gの単一卸売網を整備し、既存の移動体通信事業者に卸提供する計画である。

そのため、Maxis Broadbandは5Gでは仮想移動体通信事業者(MVNO)となる。

マレーシアで5Gを導入する詳細な日程は決定していない。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK