スポンサーリンク

NTTドコモ向けシャープ製5GスマホSH-51Cが技適通過



NTT DOCOMO向けのSHARP製のNR/LTE/W-CDMA/GSM端末「SH-51C」が2022年3月4日付けでオランダのTELEFICATIONを通じて電気通信事業法に基づく設計認証を通過した。

特定無線設備の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)に併記される電気通信事業法に基づく設計認証の設計認証番号はADF22-0016201である。

電気通信事業法に基づく設計認証の設計認証番号がADFから始まるため、第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を日本国内で利用できる。

なお、SH-51Cの認証業務を実施したTELEFICATIONはオランダに所在する登録外国適合性評価機関で、相互承認協定(MRA)の規定に基づき日本向けの認証業務を行える。

SH-51Cは未発表端末の型番である。

型番規則からNTT DOCOMO向けの端末で、第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に対応することが分かる。

説明欄にはSmart phoneと記載されているため、5Gに対応したスマートフォンであることが決定的となっている。

その他の詳細は不明であるが、2022年3月下旬以降に4機種のSHARP製のスマートフォンが米国(アメリカ)の連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)の認証を通過している。

FCCではメーカー型番で認証を通過したが、TELEFICATIONと認証を通過した時期が近いため、4機種のいずれかがSH-51Cに該当すると推測できる。

4機種ともFCCの認証で無線LANの規格はIEEE 802.11axに対応しないことが確定しており、ハイエンドではないと考えられる。

TELEFICATIONではSH-51Cと同日にSoftBank Corp.向けのA203SHも電気通信事業法に基づく設計認証を通過したため、SH-51CおよびA203SHは販売元の移動体通信事業者(MNO)が異なる同等のスマートフォンになると思われる。

TELEFICATION

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2023年2月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK