スポンサーリンク

マレーシアのCelcomとDigiが合併期限を延期



マレーシアのAxiata Groupの完全子会社でマレーシアの移動体通信事業者(MNO)であるCelcom AxiataとノルウェーのTelenorの子会社でマレーシアのDigiは合併期限を延期したことが分かった。

Celcom AxiataとDigiの合併期限は2022年6月21日に設定していたが、当事者間で2022年12月31日まで延長することに合意したという。

合併期限の延期以外に合併に係る条件に変更はない。

Axiata Group、Telenor、Digiは2021年4月8日付けで公式声明を発出し、Celcom AxiataとDigiの合併に向けて高度な協議を実施していることを認めた。

そして、2021年6月21日付けでAxiata Group、Telenorの完全子会社でシンガポールのTelenor Asia、DigiがCelcom AxiataとDigiの合併に係る契約に署名した。

2021年6月21日の時点では合併期限を2022年6月21日に定めたが、当初の計画より進捗に遅延が発生しているため、2022年12月31日まで延期することになった。

なお、Telenor AsiaはTelenorのアジア事業を統括しており、TelenorはTelenor Asiaを通じてDigiに出資している。

合併後の会社は社名がCelcom Digiで、持分比率はAxiata GroupとTelenorがそれぞれ33.1%ずつ、Axiata Groupを含むマレーシアの機関投資家が合計で51%以上を保有する予定である。

Celcom Axiataの主要事業はマレーシアにおける携帯通信事業となる。

一方、Digiの主要事業もマレーシアにおける携帯通信事業で、Digiの完全子会社でマレーシアの移動体通信事業者であるDigi Telecommunicationsが事業会社として携帯通信事業を行う。

Celcom AxiataとDigiの合併が実現した場合はCelcom AxiataとDigi Telecommunicationsの携帯通信事業を統合することになる。

加入件数を基準としてCelcom Axiataはマレーシアで最大の移動体通信事業者となる予定である。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年6月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK