スポンサーリンク

ソフトバンク向けと思われるシャープ製フィーチャーフォンがFCC通過



SoftBank Corp.向けと思われるSHARP製のLTE/W-CDMA/GSM端末「APYHRO00320」が2022年9月28日付けで米国(アメリカ)の連邦通信委員会(Federal Communications Commission:FCC)の認証を通過した。

FCC IDはAPYHRO00320である。

携帯通信網はGSM 1900で認証を受けている。

Bluetoothおよび無線LANの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11b/g/nに対応しており、周波数は2.4GHz帯を利用できる。

FCCではFCC IDを型番の代替として使用するため、型番は公開していない。

製品名はCellular Phoneと記載している。

電池パックはリチウムイオン電池で、容量は1680mAhとなっている。

スマートフォンの場合はCellular PhoneではなくSmart Phoneと記載するほか、電池パックの容量を考慮してもフィーチャーフォンになると推測できる。

米国の政府機関であるFCCでは米国で利用できる周波数に限り認証を受けるため、日本で利用できる周波数は基本的に特定できない。

しかし、FCCで認証を受けた周波数から国際ローミング用に対応する周波数の傾向は分かるため、販売元となる移動体通信事業者(MNO)を推測できる場合がある。

GSM方式には対応するが、GSM 850ではFCCで認証を受けていないため、GSM 850は非対応と考えられる。

GSM 850はNTT DOCOMo向けの端末では基本的に対応する傾向であるが、SoftBank Corp.向けの端末では非対応となることも少なくない傾向であるため、SoftBank Corp.向けのフィーチャーフォンと推測できる。

SoftBank Corp.が展開するSoftBankやY!mobileのラインナップで販売すると思われる。

FCC

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2023年3月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK