スポンサーリンク

Firefox OSを搭載したFlameを8月5日12時に販売再開


Mozillaが開発するFirefox OSを採用した開発者向けスマートフォン「Flame」は日本で2014年7月28日12時に販売を開始したが、すぐに完売となった。

第2陣は2014年8月5日12時に販売を開始するとオンライン販売サイトに掲載されている。

第1陣はすぐに完売しており、第2陣もすぐに完売する可能性は十分に考えられるため、購入を希望する場合は販売再開後すぐに購入した方が良いかもしれない。

価格は19980円で、送料は一部地域を除いて無料となっている。

FlameはFirefox OSを採用したスマートフォンとして発表されている。

Firefox OSを採用したリファレンススマートフォンとなる。

チップセットはQualcomm Snapdragon 200 (MSM8210)である。

CPUはデュアルコアで動作周波数が1.2GHzとなっている。

ディスプレイは約4.5インチFWVGA(480*854)液晶を搭載する。

カメラはリアに約500万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約200万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はW-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

Bluetoothや無線LAN IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)やNFC Type A/Bにも対応する。

システムメモリは256MB~1GBの間で調整可能で、内蔵ストレージの容量は8GBである。

電池パックの容量は1800mAhとなっている。

リファレンススマートフォンであるため、主に開発者を主要なターゲットとする。

flame
OSSストア

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK