スポンサーリンク

64bit対応のSnapdragon 410を搭載したSamsung SM-G3608を開発中



韓国のSamsung Electronicsはスマートフォン「SM-G3608」を開発していることが分かった。

GFXBencに登場してベンチマークの結果からスペックの一部が判明している。

OSにはAndroid 4.4.4 KitKat Versionを採用する。

CPUはクアッドコアで動作周波数が1.2GHzとなっている。

GPUはQualcomm Adreno 306を搭載している。

チップセットはQualcomm Snapdragon 410 (MSM8916)を搭載すると思われる。

Qualcomm Snapdragon 410 (MSM8916)は64bit対応のチップセットとなっている。

ディスプレイは約4.7インチWVGA(480*800)液晶である。

カメラはリアに約500万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約190万画素CMOSイメージセンサを備える。

システムメモリの容量は1GBで、内蔵ストレージの容量は4GBである。

SM-G3608は未発表端末の型番(モデル番号)である。

型番の末尾が8であることより、中国の移動体通信事業者であるChina Mobile(中国移動)向けになると思われる。

価格を抑えたエントリーレベルのスマートフォンとなる可能性が高いと考えられる。

GFXBench

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK